冴えない主婦の愚痴blog

大変だぁ~(*/□\*)

もう、どうしようもない状態になった。

わたしはマジにうつ状態なのか?

そう思わずにはいられない。

以前そう感じたこともあったけれど、
今回はそう認識することを心が恐れている。

でも、こころの底から、もしや~、いや、これはかなり!といった声がこみ上げてきているのは確かなことだ。

冬はうつになりやすいの?

そんな記事もみたけれど、年中家事もおなざり状態で、やっぱ季節は関係ないの?

もうわたしってば治らないの?

どうしたらいいのよぉ~~~~~~~~~~~~~~~(/_;)

なにがどうなったって、カキコすることすらできそうにないよ。ふぅ~~。
[PR]
# by gucciries | 2008-02-04 17:00 | 停止。

やっちゃった/(><)/

緊張のせいではなかったと思う。
興奮していた。
せっかくのシーズンに喜びさえあったし、
がんばろうという意気込みも大いにあった。

ぢちらかというと張り切っていた。

なのに・・・

というか、だから?

何も聞こえていなかったんだ。
そして何も見えていなかった。

愛犬と自分の名前が呼ばれて、ちゃんと最後まで聞いた。
それから座れをさせて、そして、待て、スタート。

まさかスタートOKの笛がまだだったなんて…

見てて、勝手にスタートするから放っておけとみてたんじゃ??

いやいや、わたしがまったく意識していなかった。
というか、テンパッテしまっていたんだ。

もったいない。
せっかくの機会を無駄にしてしまった。
拒絶や失敗、失格でも走った結果ならまだ納得できるけれど、
これはヒドイ!

そして、珍話をつくってしまった・・・

あーっ!
しょっくぅ~
泣きたいよ!!
[PR]
# by gucciries | 2006-10-29 09:07 | 泣き。

たまってきたのか、波がきたのか・・・

何をしてもうまくいかず、イライラする。

仕事もダメなら、プライベートまで!
ホントイライラしっぱなしだわ!

そのうち離婚なんてことにならないうちに態勢を整えなければ…


仕事もやめたくってやめたくって仕方がない状態になってしまっているのに、
採用試験うける?なんていわれるし。(今は臨時雇い。もう7年目ですが)
そんなん上司から言われて断る私って…受けなくちゃいけないのかな???
せっかく言ってくれているのに…そーっとしておいてくれたらよかったのに!

プライベートでもうまくいかない。
楽しくやっていたのに、ダメな部分ばかりクローズアップされる状態。
なんだよぉ~
わざわざ人様にさらけ出すようなことしなくってもいいじゃないか~

そして、どうして?差別??
気に入っているコにはさらに上達できるような配慮をしているとしか思えない。
確かに才能ないかもしれないけど、なんだか、さらに自信喪失するよ・・・

もー!!!いやだぁ~!!!

あえてブログに皮肉めいているかもしれないけど、載せてみた。
そして大声出してないた。
でもすっきりしない。

頭痛くなってきた。

すっきりするにはどうしたらいいの???


アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ
[PR]
# by gucciries | 2006-10-17 17:23 | 疲れ。

つき過ぎて、ついてない

運気がかわった?

私は仕事では緊急事態になりにくく、比較的のーんびりと定時を迎えることが多かった。
ここで「多かった」と過去形の表現をしているからといって、これからずっと忙しい状況を受け入れる心積もりをしているわけではないのだが・・・

8月の最後の日、わたしは夕方からの勤務だった。
すでに手のかかる状況にあった。
でも、それほどはじめは心配していなかった。

まさかあんな恐ろしい状況に陥るとは。
幸い、傲慢な態度をとる相手ではなかったのでできる限りのことを心からしてあげたいと思った。これが本当に救いだった。 よく、当然よ! と傲慢な態度を取られる方に、同じようなことをしてあげたいと思っても、かなりの疲労がともなってくるものだ。人間とはホント心しだいでかなり疲れを感じたり、そうでなかったり。
それにしても恐怖だった。
もし、万が一のことがあったら・・・そう思うと…


わたしの足は8時間で 棒になり、
翌日は死んだように1日寝てしまった。


そして、日曜日。
しっかりタイマーがなるように、
わたしの勤務時間とともにそれまでの落ち着いた状況が一点する。

私は人種差別をするつもりは全くないが、
人種の特性というか、生まれ育った環境の違いというか

とにかく、日本語がわかるとかわからないとか、そういうこと以前に

人の言っていることを理解しようとする姿勢が見られないということ、

これから必ず起こりうる生理現象を自分なりに理解しようと努力しなかったがための恐怖。
そのふがいなさが故に、危険にすらさらされてしまう可能性があるとはこれっぽちも考えないのだろうか。

今や情報を得ようと思ったらどこにでも転がっている時代なのに。

つい数ヶ月前、同じ人種の方と接したが、やはり性格だろうか?
その人は落ち着いて、理解をしようという姿勢と、冷静な判断力を持ち合わせていた。
なのに…

ま、一人ひとりちがうのだから、比べてはいけないけれど、
その遺伝子が受け継がれていくと思うと・・・まして日本の税金をつぎ込まれると思うとやるせなくなるよ。

それを引き金に、あっちでもこっちでも・・・

もう、夜が明けるころには笑いがでてきた。
一分たりとも休んでいない。でも、まだまだ状況は油断できない。
あと2時間で定時となるが、わたしは定時になってもまだ緊張みなぎる状況にあるだろうと
そう思えてならなかった。

事実、その予感は当たったのだが・・・

その日主人の休日に合わせて予定を立てていたが、
家に帰り、数分のうちに気絶してしまったわたしが生還したのは夕方3時だった。
ははは、笑える!!

そして、昨日・・・。
もう勘弁してくれていると思った。
それもあと3時間までもことだった。
そこできた!しかもいっぺんに。
もう、たまらなかった。
なんで???

この状況が今後も続かないように
お祓いにいかなければ・・・
[PR]
# by gucciries | 2006-09-05 11:07 | 疲れ。

喜び。

涙したあとに、ささやかな喜びもある。

昨日犬の学校での月一のトライアル。

先月、全然まともに走れなかったので、悔しかった。

で、先日の涙。

で、昨日の笑顔。
ほぼ思うように走れた喜び。

こんなところで満足していたら、伸びないんだろうけど、うれしいもんはうれしい!
些細なことでも喜んじゃう!

なので、今日も自主練いきたいな。
ま、3日坊主のわたしだから、この気持ちと努力がキープできないのが残念なんだけど。
[PR]
# by gucciries | 2006-08-28 20:20 | 自己満足。

涙がでた。

ある人のblogを拝見していたところ、
わたしと同じように犬との遊びをされている。

同じところでデビュー戦を経験して・・・でも素質が違うのか、その人はすでに上位クラスにいた。

ムービーでその走りを公開していたが、涙がでた。

わたしには到底できないことを、見事にこないしていた。

ハマッテしまった~とかなんとかいって、夢中になっているのに

『好きこそものの上手なれ』
成績にとらわれることなく、落ち込むことなく、
いつの日か、どうどうと『楽しいんだ!!』と主張できる日が来るまで。
がんばろ。
[PR]
# by gucciries | 2006-08-26 14:33 | 泣き。

まずぃ、まずぃ、実にまずぃ。

えー、7月に北海道に行ってきた。

まったくの観光なし。

もったいない話だよ。

でも、楽しかった。おいしかった。
それで十分だった。

んでもって、9月、また行きたくなった!!



今度は欲を出しているうちに、帰りのチケット取り損ねて1泊多くなった。
なので、観光してくる!

行きたいのは、生まれて20年すんでいたマチの、いまや全国有名な動物園。



・・・・初めていく・・・・。




だってホントのことだも~ん。

小さいとき、わたしはほんと特殊な環境だったと思う。
実の親は…思い出にない。
オバがかわいがってくれたおかげで、今の姑息な私がいる。
オバの収入源は商店をしている生家からの○×▲☆だった。

だからわたしと遊びにいくときは、こそこそと。
オバはわたしが生まれたときに17歳だった。
青春をかごの中の生活で、かなり窮屈で、しかも貧しい状態にあった。

でもわたしのソボは貧しいと認めるのがとても嫌いだったので、
(戦時を生き抜いた人は皆そうなのかもしれないけれど・・・。)
わたしも、家族もみーんなが今の社会では考えにくいほど、貧しい状況にあった。

商店は繁盛せず。
働き手のオジとオバは○×▲☆を繰り返す。
私のチチは食べ盛りのわたしとアニをその家に残して失踪状態。
でも気が小さいので行き先は親類の喫茶店だったりして、行動範囲はみんなの知るところになっていた。仕事はしていたが、すべてギャンブルにつぎ込んでいた。

貧困はイジメを呼び、私には真の友人はできない状態だった。

なので、今でも人とあわせてなにかをするなんて、かなり苦手なんだけど・・・。


そんな環境で育ったせいもあって、小樽の水族館には行ったことがあるけれど、地元の動物園には行ったことがないかったのだ。
海水浴ってどんなものかも知らない子ども時代だった。


TVでその全国一の入場数を誇る、人気の動物園の特集がよくされる。
この間もやっていたので、思わず録画。

チンパンジーの館ができたそうな。
母性のなかったチロがタケルに母性を抱き、母としての自覚に芽生えた。


チンパンジーには責任はボスにしかないのかな?そうかもね。
でも人間には母性とか父性とか、自覚があるとかないとか関係なく、責任とか義務があるもんだ。それが人間社会。
できすぎたソボの欠落子息。8人生まれて4人くらいだけがまともに生活している。
あとは手をつけられない。

むかしの田舎ってそんなもの??

うぅ~ん、よくわからんが。

んで、多大な影響をこうむってしまった私にも、同じ血は流れているのよね。

わがまま、気まま。無責任。


9月の北海道行きは独断で決めました。
だんなはただ、「そう」とうなずくだけ?

ここで困ったのが資金繰り。
マンションのローンに、車のローンと駐車場代。月々の出費は多大なもの。
マンションのローン額ってあげるのは文句言われないけれど、いざ、苦しくなってきたから下げようと思っても下げられないってしっていた?
そんなこと知らないもんだから、繰上げ返済も面倒だといわんばかりに目いっぱい上げたの。
その後に私の車購入と、かなりの無計画な資金繰り。
あと、3年ですべてのローンが終わるんだけど、わたしたちの人生も終わるかも?

それなのに、犬とスポーツだなんだと言い出して、かなりはまってしまった。
来月北海道を皮切りに秋はシーズンONとなる!

今年いっぱいのいけそうな競技会に、今試算したら28万円。
もちろん年が明けても暑くなるまでまだまだ続く!

このお金どうやって作ろうか・・・?
あ~、困った!
[PR]
# by gucciries | 2006-08-26 14:25 | まずぃ。

近くて遠い北海道

北海道、私の生まれた土地。
そういった意味では近く存在するものなのに、実際は遠い。

距離的なこともそうだけど、疎遠になっている親族が、日本で一番遠い存在にさせるんだ。

でも、7月、セミナーに参加のために北海道入りする。
仲間のバースデー割りでの便乗参加~。
なので家族に会いにいく予定はまったくない。

北海道で行われるセミナーって、犬スポーツなんだけど、今も一月まえとまったく同じ悩みはもっていて、そんな状態で北海道までいってどうないすんねん???みたいなところはある。
あるよ。

この日曜日に競技会があったばかり。
またまた同じことでミス。わたしにはどうすることもできな~い!

そういじける自分がいた。
わざわざ四国までいって、なにしてるねん!という思い。
いつまでこんな状態なん?でもなんにも努力していない自分。
はぁ~、どうしたらいいの??
へ?努力してからほざけ??
だよなぁ~。だよ。

んでも、今日も雨。わたしが日中時間のあるときには、晴れろ!

北海道に、この思いを持っていくの、重すぎざます。

そんな心の思いは夢にまで影響しているのか、
夢で一緒に走る犬に危機が訪れる!(すでに忘れてしまったその内容…オイオイ)

「やめてぇ~!!!」
と叫んでいたんだか、叫んでいないんだか、知っているのは愛犬のみ。
そんな 汗っな目覚めの直後犬のべろべろ攻撃に遭う。
あー、無事でよかった♪♪うん、うん、わかった。そんなになめないで・・・

北海道にこのコとふたり、体調崩さないように、万全の対策でいかなくちゃ~
どん底から這い出せる素敵な手がかりがありますようにぃ~☆
[PR]
# by gucciries | 2006-05-23 19:06 | 挑戦。

生活すべてなのにぃ~

生活のすべてを今犬とのスポーツにつぎ込んでいる。
のめりすぎ?
負けず嫌い?

でも…能力がない…

それが何度やってもうまく行かないことになる。

たぶん仲間はそんな私に気を使っていて、
「練習のときはできているのに、残念ね」とか
「一番上手だと思っているよ」と…。

そんな言葉を素直に感謝の言葉で返せないわたし…。

はぁ~。
こんなにイライラするんなら止める?

そう心の中でもう一人の私がつぶやく。


昨日仲間がオビディエンスの受験をした。
わたしとうちのコは…受験許可がでず、そういわれて猛烈に練習するなんてこともせず、
(猛烈に練習して受験許可してもらった仲間もいたみたい)
わたしだけ~蚊帳の外~といじけていた。

最終的に目指しているアジリティチャンピオンに必要なオビの資格。
また半年後、受けれるようにがんばらないとね。ふぅ~

肝心のアジは、
スラロームに悩んでいる。
一時期、スラロームへのコース取りがよっぽど難しい角度でなければうまく入れていたのだが、
かなりのプレッシャーを感じるのか
一発でスラロームには入れない。
もうそれだけでクリーンランはできないことになるので、いつもの悲しい結果となる。

そんなぼやきともいえない叫びに競技会の時に合う顔見知りの人がコメントをくれた。
何のためにアジリティをはじめたのか。
それを思い起こして。
犬と心を通わすツールとして。
犬が楽しくできるように。
それだけを考えて望むべし。

なる言葉をいただいた。なんだかウルウルきたよ。

そうだった~。
いじけ言葉のように「うちのコはダッシュしたら顔面ゴケするような犬だったの」とか言っている場合じゃない。走ることが大好きになって、しっぽブルンブルン走っている姿を知っているのは私だけだった。
走りながらも私の位置をしっかり見ている。
私が立ち止まれば必ず私の足元まで戻ってくる。
生後70余日で我が家にきてから私だけをみつめるこのコのこと、私が一番見てきたはずなのに~もっとこのコを信じて、楽しまなくちゃ~。

まだ完全にじゃないけれど、そんあ風に気持ちが動いてきた。
今までそういわれてきて、聞き流していた自分をしっていた。

もう少し考えをしっかり改めないと…。

今は完全に生活の中心となった犬とのスポーツ。
もっと楽しむために。
犬は道具ではなく、家族。そう証明すべく、一緒に楽しめるようにがんばらないとね~。
[PR]
# by gucciries | 2006-04-28 11:54 | 泣き。

練習の成果

競技会に11月にデビューして、毎月出場している。
大きな大会としてはやはりJKCの競技会となるのだが、
足の比較的はやい?いや、よそのコはとてつもなく速いのだか、
我が家のプードルは遅いのです・・・。

しかもビビリんなもんだから、競技会の空気を察して、スローペース。
集中力を維持することすらかなり厳しい。
11月のJKCデビュー戦。いまだかつてありえません!の排泄行為で失格。
そして先月、ご近所の広場で。ここはJFAの練習会もあるし、近所ということもあって、わがやの庭?みたいなところ。なのに、なのに、いつもよりリラーっクス!!
アジリティ1度デビュー戦。JP,AGともまさかの失格…いったい、なに??

そして先日、岡山遠征。
2日続きの宿泊出陳。
どうか、GOALまでたどり着けますように!
(失格になると即退場です・・・お金はらってるんだから最後まで行かせてよぉ~)
その祈りがかなってか、第1走はクラブ杯のJP1。
うれしうれしの完走!!そして夢のクリーンラン。
やった!
スピードはというと、かなりのトロトロペース。
そんなにとろとろしているとわさびしょうゆで食べちゃうぞ!
でも、でも、そんなんだから、ノーミスでいけた?という話も…納得ぅ~

が、喜んでいたのもつかの間。AG1はまさかのコースぶっ飛び状態。
はい、わたくしがわるうございました。はい・・・ソフトトンネルとスラロームの間で頭まっちろになりました。

はい、わたしが悪うございました。
でも、ま、そんなところで踊っていたけれど、クランツくん、次の障害に勝手に行かずにどうにかGOALまでいけましたぁ~エライエライ

んで、翌日。
今度は先にAG1。
なんとM字のスピードコース。
これでまたもや表彰台は遠のいたと思ったけれど、
クランツの最大限をだせたらいいな~と慎重に検分したよ。
んで、自信もってハンドリング・・・
なのに、はじめのコーナーでまさかの拒絶。
どうして??
どうして???

検分で、軽やかにトンネルにはいるクランツを想像していただけに
思いもよらない状況に、慌てふためく。
なんでそうなったんだろう??

そう思い悩むことはその後二日も続いた。
んで、早朝浴室で。「あ、私、反対の腕だしていた?」
いつも練習では左旋回のときは左手でハンドリングしていたような。
左手を前にだすと体が右向きになって、右の入り口からはいる。
反対に右手を出すと左の入り口から入る。
そういうことだった…
クランツを右につけてのスタートだったので、ついつい右手でのハンドリングでした。

競技会のときはいつもより、より丁寧に、慎重に。
そう肝に銘じた一戦でした。

その後のJP1。
コースがこちゃこちゃしていて、失格がこわかったけれど、どうにかGOAL!
調子がいいときは右付けでもスムーズにスラロームできるけれど、
こんな緊張シーンでは、スラで拒絶は必須だったので、最後まで右にするか左にするか迷った。
でも、左につけるにはかなりのスピードダウン(わたしが左につくにはかなり厳しいコースだったので)ということもあって、クランツを蹴散らし手しまう可能性もあり・・・
最後まで人様のスラで練習して、「よし!」の結果でそのまま右付けスラに。

もう、無事スラが抜けたときの喜びったら!!
うれしいクリンランで大喜びでございました。

その喜びのせいか?その後バクバク食べたんでしょうねぇ~?あんまり自覚なかったんだけど
翌日仕事着がきつかった(汗っ)
体重も恐ろしい増量しておりました!!!
お泊りだと、お通じをいう行為すら忘れてしまうわたし。
その二日後、便秘薬のお世話になってすごい結果となりました~××;

初めての完走、初めてのクリーンランで、うれしい楽しい競技会でした。

我が家に帰ってだんなに一言「二日間、実に平和だった!」と。
なにそれ~
ま、わがまま言わせてもらっているので笑っとこかぁ~。
[PR]
# by gucciries | 2006-03-10 10:17